タカスサーキットの建設にあたり、計画段階で、周辺の自然保護と地域環境保護の観点から、予定地をくまなく調査した結果、建設予定地は「文化財保護法」にかかる遺跡が一部周知されてはいるものの、「鳥獣保護」や「自然環境保護」の規制区域には該当しないことが分かりました。
しかし、絶滅の恐れがあり県域絶滅危惧に分類される『ミズアオイ』や『シャジクモ』などの淡水藻類の野生生物が多く生息(自然繁殖)していることが確認されました。
そこで、福井県自然保護センターの指導と地元自治会の協力を得ることにより、近隣地域にビオトープを設け、敷地内の対象となる植物たちを移植(?)するなどして地域環境保護に全力で努めています。       
 ビオトープ
(新設されたビオトープ)
タカスサーキットは良質な砂が採取できる原野を切り開いたため、風による砂の飛散や敷地内からの排水による周辺環境への影響が問題となりました。
そのため、景観保護を考慮し法面には砂の飛散と侵食および崩壊防止を兼ねた植生ネットを張り巡らせ、コース以外のフィールドには天然芝を植えつけました。
そして、敷地内(本コースは除く。)を透水性舗装(高速道路などで施工される排水性舗装の一種で、一定量の雨水は地下浸透していく目の粗い舗装をいう。)を施し、排水溝を一切無くし『雨水浸透施設管理協定』を福井市との間で締結しています。
着工前  造成完了       植生ネット(法面) 芝植付(ホームストレート)
着工前   →   造成後              植生ネットと芝生植付の施工
また、送電線や各種通信線を地中に埋設し架空線を無くすことで、景観の保護はもちろんのこと、カラスなどの野鳥による糞害や、暴風や着雪などの災害による断線の被害を防止できるようにしています。
※ サーキットを管理運営、または利用する上で周辺環境に配慮しなくてはならないものに、周辺地域に放たれる「音量」と
  「音質」があることを忘れてはなりません。
   山奥や僻地にあるサーキットとは異なり、タカスサーキットは利便性が良い反面、住宅地に隣接しております。
防音壁   地元自治会のご理解とご協力により建設されたことを踏まえ、周辺に与える音に 関する影響を少しでも抑えるために、
   高さ4mの防音壁を近接する住宅側に設置しました。
   しかし、この防音壁だけでは音量を抑えることは限界があり、サーキットが規定する規制値を遵守し、音源でもある
   利用者の皆様のご協力を得て初めてその効果が現れることをご理解ください。
 
Copyright(c)2005-2017 FNET All Rights Reserved