タカスサーキットでは万が一の身体的補償を賄い、年会費を スポーツ安全保険 への加入料にあてています。
しかし、ガードレールなどサーキット施設を破損した場合の補償はありません。
そこで、タカスサーキットは施設共済会を運営し、フリーで走行する会員には加入を義務付けております。
( 掛金:300円 /日 )

タカスサーキット施設共済(TCC施設共済)では、サーキット施設を破損した場合の給付もあり、安心してスポーツ走行を楽しむことができます。

例えばガードレールを壊してしまうと、1m当たり 20,000円以上の復旧費用を負担しなければなりませんが、復旧(弁償)費用が 10,000円を超える場合、その超過分がTCC施設共済より給付(上限は 210,000円まで。復旧費用が上限を超える場合、超えた分が自己負担となります。)されます。(給付は年1回/人限り。)
   
貸切専有でサーキットを利用する場合、タカスサーキットでは主催者損害賠償保険とTCC施設共済をセットにしたイベント主催者用 タカス総合保障プラン をご案内しています。
練習走行会等のイベントに参加される方は、個人的補償を確保するためにも、主催者が用意する保険等を確認の上、スポーツ走行をお楽しみください。

 
Copyright(c)2005-2017 FNET All Rights Reserved